交渉・折衝のための英語表現

異文化マネジメント・コンサルティングのパイオニア 河谷隆司先生が英語による交渉術を解説。対立の場面での駆け引きから合意に至るまでの道筋で、より交渉を有利に導くための英語表現を、長年の経験から得た知見を交えて伝授いたします。

英語による交渉場面では、異文化に対する理解が欠かせません。この文化の違いを踏まえて、双方が納得できる合意点を協働して探ることにより、Win-Winな結果を導き出すことが可能になります。 本講座では、交渉に臨むためのスタンスの取り方、各交渉段階におけるパワーフレーズを学び、対立をどう乗り越えるか、などのノウハウについても伝授いたします。また、最終章ではアジアでの交渉術に的を絞った解説をいたします。ビジネス交渉で成果をあげることを求められるすべてのビジネスパーソンに必須の講座です。

河谷隆司
講師:河谷隆司先生 プロフィール
グローバルマネジメント・コンサルタント
株式会社ダイバーシティ・マネジメント研究所 代表取締役
アジア太平洋全域(中国~ASEAN~インド)、欧米、日本で異文化マネジメントやリーダーシップの調査研究と講演、研修を、多国籍の受講者に対して日英語で行う。アジア日系企業への異文化マネジメント研修の第一人者。世界人材開発会議(ムンバイ)より Strategic Leadership Award 受賞(2011年)。Fielding Graduate University (School of Human & Organizational Development) 博士課程中退。1992年より16年半、マレーシア在住。(学)産能大学・国際部講師、マレーシア戦略国際問題研究所・日本研究センター客員研究員等を経て現職。日本在外企業協会・在外特別アドバイザー、海外職業訓練協会北京事務所・国際アドバイザー、国際協力銀行委託「ルックイースト政策帰国者動向調査」主査、歴任。シンガポールFM96.3「ビジネスマンの異文化講座」キャスターも4年間務めた。シンガポール日本商工会議所マネジメントセミナー出講は1998年以来現在も継続中。
著書に、「Communication Handbook for Malaysian and Japanese Managers」ISIS Malaysia、「アジア発・異文化マネジメントガイド」 (PHP研究所)、「英語の話せるボスになる」(日経ビジネス人文庫)、 「多文化チームマネジメント(DVD)」(レビックグ ローバル)、「ワーキング・トゥゲザー」(アスク)、「グローバルリーダーシップの基礎・実践」(産能大学)、他がある。寄稿・論文多数。

この講座の到達目標

  • どんな場面でも堂々と交渉に臨める自信がつく
  • 日本式では通用しない外国人との交渉の基本事項を身につける
  • 英語ならではの交渉術の表現をしっかりと学習する

プログラムの特徴

  • 短時間で外国人との交渉に関するポイントを習得
  • 交渉の一連の流れから駆け引きの場面、アジアでの交渉術など、ビジネス交渉をしていくうえで欠かせない要素を網羅的かつコンパクトに解説
  • さまざまな状況で的確にニュアンスを伝える表現が身に付く

受講に必要な英語レベル

  • TOEIC® 550点以上

講座カリキュラム

  • 総時間数:約3時間27分
Section Lecture
1. グローバルな交渉とは 1. 交渉スタイルのトレンド
2. 異文化間の交渉
3. 協働型の交渉
2. 交渉を開始する 4. 交渉の枠組みを決める
5. 交渉事項の共通認識を作る
3. 相互利益の形成 6. 提案
7. 質問
8. 同意
9. 譲歩
4. 対立場面の対処 10. 混乱、対立、行き詰まり
11. 対立時の駆け引き
12. こちらに非がある場合
5. 同意 13. 交渉をまとめる
6. 今後へのアドバイス 14. 交渉の新しいパラダイム

受講方法について

EnglishStationの講座は「manebi.jp」または「Udemy」で受講できます。Udemyについての詳細は「Udemyについて」をご覧ください。