ロッシェル・カップ先生の「英語によるビジネスミーティング実践講座」

欧米人とのミーティングを進めるうえで、言葉と習慣は日本人が乗り越えなければいけない壁となっています。基本的な価値観の違いから生じる無用の誤解を防ぐためにも、欧米型会議のルールを知り、臨むべきスタンスを定め、併せて相手に響く英語表現を身につける必要があります。本講座では、いかに会議を効果的に進め良い結果を出すかについて、日本と日本人をよく知る講師が、多くの外国人が日本人に対して感じているポイントを交えながら、すぐに活用できる英語表現を紹介します。

ロッシェル・カップ
講師:ロッシェル・カップ(Rochelle Kopp)先生 プロフィール
ジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング 創立者兼社長
異文化コミュニケーション、グローバル人材育成、そして人事管理を専門とする経営コンサルタント。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートしているジャパン・インターカルチュラル・コンサルティングの創立者兼社長。イエール大学歴史学部、シカゴ大学経営学院卒業(MBA)。「新ビジネスミーティングの英語表現」(ジャパンタイムス)や「外国人と交渉に成功するビジネス英語」(語研)など、著書多数。
英語によるビジネスミーティング実践講座

この講座の到達目標

  • 欧米人と日本人の会議に対する考え方、スタンスの違いを理解する
  • 効果的に会議を進行するための英語表現を習得する
  • 外国人とのミーティングを恐れず、自信をもって臨めるようになる
  • 日本人が誤解されがちな部分についても、英語で説明できるようになる

プログラムの特徴

  • 単にミーティングのための英語を学ぶのではなく、異文化理解の観点からもミーティング全体を俯瞰
  • 細かくシチュエーション別に整理し、適切な英語表現を豊富な文例とともに解説
  • 外国人が日本人に対して持つ違和感と、それに対する対処法を例文と併せてアドバイス

受講に必要な英語レベル

  • TOEIC® 550点以上

使用するテキスト

本講座はジャパンタイム刊「新ビジネスミーティングの英語表現」に準拠しています。テキストがなくても受講可能ですが、必要な方は別途お買い求めください。

新ビジネスミーティングの英語表現
新ビジネスミーティングの英語表現
  • 出版社: ジャパンタイムズ (2011/6/29)
  • ISBN-10: 4789014541
    ISBN-13: 978-4789014540
  • 発売日: 2011/6/29

講座カリキュラム

  • 総時間数:約2時間40分
Section Lecture
1. ここが違う!
    日本人の会議と外国人のミーティング
1. ここが違う!
    日本人の会議と外国人のミーティング
2. ビジネスミーティングを開く段取りと適切な表現 2. 自己紹介をする
3. 進行役を決める
4. 時間をチェックする
5. 最初に基本ルールを決める
3. ミーティングを円滑に進める方法と英語表現 6. ミーティングをスムーズに進める
7. できるだけ多くの人にいろいろな意見を言わせる
8. よい意見をどうやって引き出すか
9. 反対意見をどう取り上げるか
10. 議題に戻ることを提案する
11. 結論をださないままでミーティングを終わらせない
4. ミーティングでどう効果的に発言するか 12. ともかくまず、何かを言う
13. アグレッシブに。そうしないと発言のチャンスは
    ない
14. 自分の意見を発表する
15. お互いが納得できる結論を得る
16. お互いが納得できる解決法を探る
17. より説得力を持った表現を使う
5. 外国人が嫌うミーティングでの日本人の行動 18. 外国人が嫌うミーティングでの日本人の行動
6. ミーティングのまとめとフォローアップ 19. ミーティングが最後に近づいたことを知らせる
20. ミーティングをまとめる表現とあいさつ

受講方法について

EnglishStationの講座は「manebi.jp」または「Udemy」で受講できます。Udemyについての詳細は「Udemyについて」をご覧ください。